忍者ブログ
  • 2020.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.06
文旦の皮のピール
生活クラブでは、水俣のきばるを取り組んでいるので、
甘夏のピールをよく作りますが

文旦の皮は厚くて、食べる部分が多いので、
こちらも毎年作ります。



ピールは白い部分で作るので、
黄色いところをむくのが、ひと手間です。
そのあと薄切りにします。



ビートグラニュー糖を3回に分けて加えて煮ます。
去年は、ふたをして煮ていたら、ジャムのようになってしまったので、
今年は、ふたに隙間をあけて、早めに煮あげました。
ここでしっかり火を通さないと、中まで甘さがしみません。




3回目の砂糖を加えたら、ふたをしないで。
半透明になっています。



ほろ苦くて甘くて、いくらでも食べられるのがこわいです。

チョコレートをかけたり、
刻んでケーキやクッキーに混ぜたりもできます。


後ろで待っていたら、眠くなったぱたぽん







PR
【2011/01/23 18:38 】 | 甘いもの | 有り難いご意見(0)
<<むしパン | ホーム | 箱猫>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>