忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
『きのう、何食べた?』
昨日のレシピは、よしながふみの『きのう、何食べた?』
モーニングに連載されているまんが。
よしながふみは、とてもじょうずに人物を描き、
でてくる人も、それなりにいい人がいっぱい。
弁護士と美容師のゲイのカップルが作る、
毎日のご飯が必ず出てくるのだけれど、
このまんがを読むと、料理を作ってみようと、思えてしまう。

料理本や、テレビの番組と違う素晴らしいところは、

一食分の献立がたてられている。
二人分で、食べすぎない、残しすぎないちょうど良い分量。
野菜の切り方から、下準備の仕方、
さらに、その献立の中で、何からどの順番に作ればよいか、
まんがだから絵つきで、丁寧に説明してくれる!

慣れない人が、料理をするとき、
レシピを見て一つずつしか、作れない、
ので、時間がかかるわりに、品数ができないとか、
先に作って冷ましておくものや、最後に熱々で出すものとか、
順番を把握してないから、大変なのではないでしょうか。
献立をたてたら、作る順番のイメージと、
違うおかずを同時に作るときの合間仕事が、けっこう重要。

簡単料理のまんがでは、クッキングパパもあったし、
料理のうんちくならおいしんぼもあったけれど、
ここまで丁寧で、おいしそうな家庭料理のまんがは、なかなかありません。

毎日のご飯にはもちろん、
こどもが一人暮らしをするときや、
慣れないお父さんが晩御飯を作らねば、というときにも、
きっと強い味方となってくれることでしょう。
料理だけでなく、もちろん毎回のお話が、またおもしろいのです。
一家に一冊~
PR
【2010/11/04 08:09 】 | 本・まんが
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>