忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
外語祭2017 その2
国境知らずの5日間 土曜日。


まず向かったのは、ポルトガル。


なくなる前にエッグタルト。
リングイッサとパステウ(揚げ餃子、人参もみじん切りで入ってました。)


近隣が煙もうもうになるリングイッサ。
  

スペイン、並んでます。


上から、まんまるのコロッケ・パパ レジェーナ、
馬蹄形のチュロス、シナモンとシュガー、
揚げ餃子エンパナーダ、ポルトガルよりスパイシーでした、
コロナビール、スパニッシュオムレツ、サングリア。
にんにく香るパン入りスープ、ソパ デ アホ は品切れ。


コロッケはトマト味のひき肉が真ん中に入っています。


カンボジア


後ろにはこれから調理する刻んだ野菜の袋詰め。


カンボジアのアンコールビール、
ソムローカリー(甘くてピリピリ辛いさつまいも入りのココナツカレー、フランスパン付き)
モアンチャー クニャイ(もやしと同じ太さの根ショウガがたくさん入った炒めもの)
  

インド


おにぎりくらい大きいサモサ、
ラッドゥー
 (チャナ豆の粉を油でかためたもの、ショートブレッドみたいにほろほろ、アーモンドとピスタチオ入り)
ラムチャイ、チャナカレー。
チキンカレーとタンドリーチキンは品切れ。
  
サモサは食べ応え十分。


ポーランド


料理をもらう番号札も、お店によっていろいろ。
鍵をつけるプラスチック製とか、厚紙に紙を張ったもの、
どこもぬれたりしても大丈夫なように、
ラップをまいたり、ビニールテープが張ってあります。
ポーランドはこんなかわいい手作り。

これは前食べて、かなり大きかったので、今回はパス。


ナレンニキ、ベリージャム入り(クレープ)
プラツキ(じゃがいもの薄焼き)
ジュレック(ライ麦入りのスープ)


お腹もいっぱいになったので、
ごみを捨てて、お笑いサークル・クスブルを見に行きました。


真ん中が吹き抜けで、教室がどちらにあるかわかりませんが、
階段を見ながら行くと、たどり着けます。


毎年展示をしている、学生NGO ALPHA。
フィリピンの子どもたちの支援をしています。

  

子ども達でにぎわっていた、ボードゲーム研究会。


階段のチラシを眺めながら、
外語祭が自森の学園祭に似ているのか、
自森が大学っぽいのか~?


SEKAI NO MIYAGE
外語生と卒業生からの、世界のみやげの寄付品を売っていました。


受付や販売担当の学生たち。
  

にぎわっています。


食べる続き、チェコ



肉と野菜の煮込み、グラーシュ、玉ねぎのすりおろしたっぷり、
ドイツと違って、かたまり肉が入っています。
細長いうどんのようなものが入っていたのは、ゆでパンでした。
フランボラーク(じゃがいもと玉ねぎ入り薄焼き)
  

ペルシア


番号札には偉人が。


ポレシュト、薄焼きナン付。鶏肉となすの入ったトマトスープ、
ソーハーン(ナッツの入ったヌガー)


カップもかわいい。
   
ソーハーンに入っていた台紙にも一口メモが。



ラオス


ナムワーン(コーンとタピオカ入りココナツ汁粉)
ビーンカイ(手羽先の焼いたの)
ライス付きラープ(パクチーたっぷりの鶏ひき肉炒め)


もう入らないと言っていたけれど、
マッサマンカレーを食べていないことに気付き、
タイへ


アラビアのバスブーサ(セモリナ粉を使ったシロップかけケーキ)
タイのマッサマンカレー、甘くて少し酸味があります。


最後にビールを買った人。
  

ごめんねモンゴル~




ウルドゥー(パキスタン・北インド)で、サモサなら入る。
 



食べた中で、一番カレー味のサモサでした。
同じようなメニューでも食べ比べてみると、みんな味が違います。


ごめんね、中央アジア、マレーシア。


アルパス20円、(アルコールパスポート)
わたしが飲んだのは、サングリアとラムチャイでした。
咳の季節じゃなければ、もう少し飲むんだけどなあ。
また来年。


外語祭のホームページがあります。
→ 外語祭 料理店

PR
【2017/11/26 00:39 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
外語祭2017 その1

毎年、楽しみにしている外語祭に、
世界の料理を食べに行ってきました。
まずは初日。


SEKAI NO MIYAGE を見たいけど、休日のみ。

まだ行ってないカンボジア料理店の前。


毎年、どうやって食べつくそうかと考えますが、
到底食べきれる量ではありません。
今年は、休日、混んでいるお店から食べる事にしました。

まずはドイツ。


上から、キンダープンシュ(シナモン入りのホットリンゴジュース)
ツヴィーベルクーヘン(甘めの生地の玉ねぎのマフィン)
グラーシュ(具だくさんのトマトスープ)、
アプフェルシュトルーデル(パイよりもっと繊細な薄皮、皮つき煮りんご入り)
シュニッツェル(薄切り肉のカツ)、フルーツビール3種類。
グラーシュの左側、
ビルマ(ミャンマー)、サヌイマキン(ほんのり甘いココナツのケーキ)
お茶の葉の漬け物入りサラダ・ラペットゥ(5年前に初めて食べておいしさに驚く、
 お茶の葉の漬け物がたくさん用意できないみたいで、年々キャベツの量が増えている)
   
この時期、とても寒いので、冷たい飲み物はアルコールでなければ売れません。
それでノンアルコールの飲み物で、
温かいリンゴジュースやオレンジジュースがあったのですが、これがおいしい!
うちでもまねします。

それからここもいつも混んでいるイタリア。




ニョッキのクリームソース(ホワイトソースより濃厚)
クワトロフロマッジョ(チーズにはちみつがあう)
マルゲリータ(トマト、バジル、チーズのピザ)


マルゲリータがおいしそう、というので、
一緒に買ってきたチーズのピザが、はちみつ風味でおいしかったです。

混んでる店で、フランス。




キッシュ、アールグレイティー(はイギリス)、ボジョレーヌーボー、カヌレ。
カヌレは卵の多いカスタードみたいな生地に、洋酒の香りでした。
     

しばらく待った、ホットブラッドオレンジジュース(イタリア)と、
30分待った牛肉の赤ワイン煮(フランス)
赤ワイン煮を注文してしまったために、
クスブル(お笑いサークル)を見損ねました~


ここで大学帰りの子どもがやってきたので、
お腹にたまるものをと、混んでる店ロシアに行きました。


けっこう大きなピロシキ、
ブリャーニキ(全粒粉生地ににレーズンとクルミがはさまっているクッキー)
ボルシチはちゃんとビーツの香りがします。


あそこもここも行きたいけど、
そろそろお腹がいっぱいに…
  
なりかけているところに、
アラビアのお兄さんが、看板をぶら下げて歩いていました。
ファラフェル食べなきゃ。


ということで、
ミントティー(甘い紅茶にミント入り、これがすごく喉に効いて、
 マスクをはずしたら、アレルギーででなくなっていた声が復活しました)
ごまソースのファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)
レンズマメのスープ(スパイスの効いたポタージュスープ)


いよいよお腹が苦しくなり、散策へ。
平日は、休みのお店が多いのですいています。


毎回、小さな子どもが走り回っている落ち葉の林。
この日も突進していく子どもを見かけました。


はじっこのごみステーションがかわいい。


サンバハウスを曲がった先で、バジルさんに遭遇しました~


いつもは教室で楽しい企画の銭湯同好会。
今年は、人目につく通りでしたが、こじんまりしていました。


中国も混むんだけど、粉を使った点心が多いので、もう入りません。
なんだか煙が立ち込めていました。


モンゴルも、また今度。


最後に、ポルトガルのエッグタルトと思ったら、売り切れで、
ソーセージ・リングイッサだけ買いました。




エッグタルトはなかったけれど、
近くのスペインのクッキーがおいしそう。


アルフォホール(キャラメルクリームサンドクッキー)と、
ポルボロン(シナモン風味のアーモンドクッキー)

ほかの大学の屋台で見かける、棒状の既成のチュロスと違い、
わっかのチュロスも魅力的でした。
コロッケもスープも今度食べるからね~と、
犬の散歩があるので、4時前に大学を後にしました。

これから世界の料理を食べに行く方へ
・22日から26日まで毎日やってます。
・遅くいって食べ物がなくなる、ということは、まずありません。
 お好きな時間にどうぞ。
 平日は幼稚園帰りの親子も来ているし、
 語科1年生の各国の料理のほか、
 土日は模擬店通りで、サークルや留学生のお店も開いて、にぎわっています。
・寒さ対策が重要。食べ物は建物には持ち込み禁止なのでずっと外です。
 セーターやダウンを一枚余分に持っていくといいかも。
 中の企画もおもしろいので、途中で見に行く時間も必要です。
・トレイやかごがあるといいかも。
 飲み物とスープを持ったら、両手がふさがりますが、
 さらに揚げ物もコップに入ってきたりします。
 1~2人の時にはトレイや手つきかごがあると便利です。

【2017/11/23 15:13 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
キッチンクラブ
埼玉では生活クラブで、「連」というサークル活動ができます。
組合員3名以上で、年間1万円までの実費補助が出ます。
今年度、支部委員で調理クラブを始めました。
公民館でもサークルとして認められるよう、毎月、なにかしら作ってます。

8月は、ホットケーキミックス。
世界一の朝食のパンケーキに





薄焼きホットケーキ、バジル、ローズマリー入り

ワッフル


9月は、カレー2種類。
どちらも丹精國鶏のチキンカレーなのに、
ルゥが違って、全然違う味。
   


10月は、シフォンケーキ生地のオムレツケーキ、



焼いてきてもらったのは、ピーナツ入りとレモン入り。
 
気を遣う支部のイベントとは違い、
気楽で楽しいおしゃべりの時間になっています。
【2017/10/15 14:52 】 | イベント | 有り難いご意見(1)
えび学習会
生活クラブのエコシュリンプ、
現行のインドネシア産に加えて、
年末からベトナム産も仲間入りで、
今、あちこちで学習会が開かれています。

エコシュリンプは、
稚えびを裏の田んぼのような池に投入したら、
自然に育つのを待ちます。
餌もなければ、薬もなし、自然なままの養殖です。
環境に良い養殖なので、
エコシュリンプを食べることで、環境保全にもつながります。

おもしろかったのは、ベトナムの池の航空写真。
大きな川の両側に家が並び、
その家の裏側が、細長い長方形のそれぞれの家の養殖池。
うちの池のえびが一番って、思ってるんじゃないかなと。

お楽しみの試食タイムは、
塩も入れずに茹でただけのえびですが、
エコシュリンプは、塩がなくても味がある、
そのままでうまいっ。
市販のえびは味がない、
見た目はえびなのに、えびの味がしない。
ゆで汁が薬臭かったです。
市販のえびは密飼いのため
抗生剤などが投与されるので、
それが残っているのでしょうか?

これが市販品。色も大きさもりっぱだけれど・・・

今週注文のnew消費材
海老のクリームパスタソースは、
エコシュリンプの頭部分を使っているそうです。
楽しみで注文しました。
【2017/10/11 16:40 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
3.1.2弁当箱法
生活クラブの学習会、
3.1.2弁当箱法に参加しました。

食育サポーターのお話を聞いてから、
実際にお弁当を詰めました。

小松菜ともやしをゆでたくらいで、
あとは生活クラブのお弁当用などの食材です。


主食3:主菜1:副菜2の割合で詰めます。
これはちょっと主菜が多いです。

その人にあったお弁当箱の大きさにする、
(必要とするカロリーは男女、年齢、作業によってかわります。)
ダイエットしたい人は、ご飯の量を極端に減らすのではなく、
同じバランスのまま量を減らすのがよいそうです。

お弁当箱だと、少なく見えますが、
夜ご飯の時のように、小鉢に移し替えると、
たっぷり一食分あります。

市販のお弁当を、ふつうのお弁当箱に詰め替えると、
こんなことになってしまいます。

全体的に量が少ない、
主菜はあっても、副菜が極端に少ないと栄養バランスが悪く、
さらに添加物の問題もあります。
簡単なものでも、お弁当は手作りが安心です。
【2017/10/09 15:04 】 | イベント | 有り難いご意見(1)
| ホーム | 次ページ>>