忍者ブログ
  • 2020.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.06
苑子としまとと
いつも気ままな苑子がヒーターの前で寝ていました。
猫が嫌いなので、下にいることが珍しいのです。

までろんの(になった)くまのぬいぐるみを枕にしています。
 

ぼけないで撮れることもめずらしい。
錆色の、黒いところと明るいところと、
どちらにピントを合わせたらいいのか、カメラがわからないらしい。
 

女の子なので、ほかの猫よりひとまわり体が小さいのですが、
顔もぎゅっとつまっています。



こちらはいつものんびりのしまとと。
本気で寝ています。
 

甘ったれなので、誰かにくっつく。わりこむ。
までろんとぱたぽんの間に入り込みました。


ぱたぽんに抱きついてねているところ。
ふとんの中では、わたしとぱたぽんの間に割り込みます。
PR
【2015/12/27 14:17 】 | 猫、犬 | 有り難いご意見(0)
<<とろとろトンボウロウで、クワパオ | ホーム | 年末のはな>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>