忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
ねこまんが 『女いっぴき 猫ふたり』
生活クラブでは、本の取り扱いもあります。
本は図書館で借りることができるのですが、
まんがは、この辺では借りられないので、
読みたいときには、注文するのです。

これも生活クラブで購入した本、



猫とついていたら、買わないわけにはいきません。
猫好きな人が、うんうんとうなずく場面ばかりなのですが、
電車の中で読むのは、笑いださないように、注意が必要です。


生活クラブで扱う本は、ほかの消費材のように、
同じものが何回も登場するわけではないので、
これだと思ったら、即、注文するか、
本の花束(本の紹介だけ載っているカタログ)をとっておいて、
後日、自分で購入することになります。
PR
【2011/03/08 18:11 】 | 本・まんが | 有り難いご意見(1)
<<『水になった村』にでてきたおとし汁 | ホーム | 春のおでん>>
有り難いご意見
無題
かなり高い頻度で、「本の花束」に申し込んでいた時期がありました。
来るまでも楽しみでしたね。

世の中が忙しくなって、待つ時間が惜しい人たちが、アマゾンなどに注文する為、「本の花束」の存続が難しいと聞いたこともあります。

かく言う私も、これ以上本を増やせない事情もあり、
もっぱら、図書館から借りています。
買うなら、「本の花束」で・・・と思ってはいますが。
【2011/03/09 09:38】| | ringo #4fbdf90826 [ 編集 ]
Re:無題
>ringoさん
注文したのを忘れていると、届いたときには、びっくりします(笑)
今は、それに、みんなが節約志向。
本1冊だと、食べもの1点とは、金額が違いますものね。
注文しなくても、本の花束で紹介されている本を借りてみようと思ってもらえたら、それもいいのかもしれません。
カタログを見る時間がないという人が多いので、
本の花束なんて読めないと言われたら、悲しいですね。
【2011/03/09 13:57】


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>