忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
えび学習会
生活クラブのエコシュリンプ、
現行のインドネシア産に加えて、
年末からベトナム産も仲間入りで、
今、あちこちで学習会が開かれています。

エコシュリンプは、
稚えびを裏の田んぼのような池に投入したら、
自然に育つのを待ちます。
餌もなければ、薬もなし、自然なままの養殖です。
環境に良い養殖なので、
エコシュリンプを食べることで、環境保全にもつながります。

おもしろかったのは、ベトナムの池の航空写真。
大きな川の両側に家が並び、
その家の裏側が、細長い長方形のそれぞれの家の養殖池。
うちの池のえびが一番って、思ってるんじゃないかなと。

お楽しみの試食タイムは、
塩も入れずに茹でただけのえびですが、
エコシュリンプは、塩がなくても味がある、
そのままでうまいっ。
市販のえびは味がない、
見た目はえびなのに、えびの味がしない。
ゆで汁が薬臭かったです。
市販のえびは密飼いのため
抗生剤などが投与されるので、
それが残っているのでしょうか?

これが市販品。色も大きさもりっぱだけれど・・・

今週注文のnew消費材
海老のクリームパスタソースは、
エコシュリンプの頭部分を使っているそうです。
楽しみで注文しました。
PR
【2017/10/11 16:40 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
3.1.2弁当箱法
生活クラブの学習会、
3.1.2弁当箱法に参加しました。

食育サポーターのお話を聞いてから、
実際にお弁当を詰めました。

小松菜ともやしをゆでたくらいで、
あとは生活クラブのお弁当用などの食材です。


主食3:主菜1:副菜2の割合で詰めます。
これはちょっと主菜が多いです。

その人にあったお弁当箱の大きさにする、
(必要とするカロリーは男女、年齢、作業によってかわります。)
ダイエットしたい人は、ご飯の量を極端に減らすのではなく、
同じバランスのまま量を減らすのがよいそうです。

お弁当箱だと、少なく見えますが、
夜ご飯の時のように、小鉢に移し替えると、
たっぷり一食分あります。

市販のお弁当を、ふつうのお弁当箱に詰め替えると、
こんなことになってしまいます。

全体的に量が少ない、
主菜はあっても、副菜が極端に少ないと栄養バランスが悪く、
さらに添加物の問題もあります。
簡単なものでも、お弁当は手作りが安心です。
【2017/10/09 15:04 】 | イベント | 有り難いご意見(1)
カバディ大会2017

先週の土日は、カバディの大会でした。
土曜日は、赤木かん子さんのお話を聞きに行ったので、
日曜日だけ見に行きました。


灼熱カバディのクリアファイルもらえました~


大正大学OBチーム「大正仏陀」が2つにわかれて、
若手チームは「Buddha」となりました。
7名ぎりぎりで、現役は2名、3名は半年ぶり以上とか、
チームの情報を知ってみるとおもしろいです。


対 ジモディ(高校生チーム)


mizuki と singo


対 大正マイトリー(大学生チーム)


大正仏陀が分かれたもう一つのベテランチーム「Lapis Lazuli」
対 H.C WASEDA(早稲田大学OBチーム)


namaさんが出ていました。


H.C WASEDAが勝って決勝戦へ。


決勝戦 Buddha 対 H.C SASEDA





Buddah優勝


おまけ モデルのようだと噂される、東京レイズのtogoさん


高校生の時にジモディにいた、ふーたが、
ロシアの出張帰りに、
スーツケースを持ったまま、来てくれました。
おみやげのチョコ。



映像はこちらから見られます。
興味がある方はどうぞ~

第28回全日本カバディ選手権大会1日目

第28回カバディ選手権大会2日目

【2017/10/08 19:06 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
葛饅頭と水無月、やさしい和菓子作りの会

昨日はバジルさんちでやさしい和菓子つくりの会。


カメラを忘れて、ガラケーのカメラで作ったのだけ撮りました。
こんなに美しい葛饅頭。
去年も教わりましたが、さらにおいしく!さらにわかりやすく!



粉をまぶすと、すりガラスのような質感に。
こちらも美しいです。


毎年この時期には、必ずバジルさんと会う機会があり、
例年、水無月をいただいています。
葛の生地とか、いろいろいただきました。
今年は、黒糖入りのういろう生地。
黒糖の香りがよく、もちもちしていて、食べごたえがあります。


お昼には、奄美のご馳走、鶏飯をいただきました~♪

最後に番外編のできたてのくずきりをいただきました。
流し缶に入れた葛生地を、お湯の中でゆでます。
 

今はなき生活クラブのSNSクミ~ズで、
調理実習付きオフ会を開いたことがあり、
20人くらいも集まったでしょうか、
バジルさんが延々と葛切りをゆでていたのを思い出しました。


バジルさんのブログはこちらです。
水無月 やさしい和菓子つくりの会

【2017/06/18 15:31 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
ラオカフェ

ラオス料理を作って食べて、ラオスについて知る、
ラオカフェに参加してきました。

学生団体J&L(Japan and Laos)の皆さん。


左の長いのが、レモングラス。


左から、
生姜、ナス、青唐辛子、ナンプラー、こぶみかんの葉っぱ。


マークケーンという、豆みたいなまん丸いの。
見た目はグリンピースですが、
中に種が入っているので、ピーマンみたいです。
味は苦いです。
手に隠れているのが、ディル。


はじめにスープ、オ・ラームを作ります。
鍋に、レモングラスとこぶみかんの葉を入れて、煮出します。
 
この後、皮をむいたナスと、マークケーンを加えて煮ました。
煮ている間に、鶏肉をグリルで焼いておきます。
大匙1杯の米を水に浸して柔らかくしておきます。

スープを煮出している間に、ラープを作りました。
肉が入ったラオスのサラダです。
鶏ひき肉を炒めて、ナンプラーとレモン汁で味付け。
パクチーをたっぷり加えます。


最後に加えるのが、ラープの素。
炒ったもち米の粉と唐辛子が混ざっています。


今回はパクチーだけでしたが、
もやし、ねぎ、ミントなど加えても良いそうです。


スープに戻って、
なすとマークケーンがやわらかくなったら、
取り出して、たたきつぶします。
レモングラスとこぶみかんの葉も取り出します。
焼いた鶏肉は、小さく切って、スープに入れ、45分くらいじっくり煮ます。


鶏肉から味が良く出たら、
水に浸して置いた米をたたいて加えて、とろみをつけます。

たたいたナスとマークケーンもスープに戻し入れます。
少し煮てから、最後にざく切りにしたディルを加えて温めたら出来上がり。



今度は、パパイヤのサラダ、タム・マーク・フンです。
青パパイヤは、種をとって軽く洗い、皮をむきます。


縦薄切りにします。
 

パパイヤとミニトマトに、
砂糖、ナンプラー、レモン汁、青唐辛子、にんにくのたれを入れて、
よくたたきます。
タムがたたく、マーク・フンがパパイヤです。
きゅうりでも同じように作れるそうです。
 

ナムワーンは作ってくださっていました。
ラオス風ココナツ汁粉で、
タピオカとコーンが入っています。
 

みんな唐辛子が入っているので、辛くてスパイシーです。
ごはんがすすみます。
油もほとんど使わないのでさっぱりしています。


ココナツ汁粉は、辛い口に甘くておいしい~



お料理をいただきながら、
ラオスについてお話を聞きました。
沖縄の泡盛や、納豆など、日本と同じ食べ物があるそうです。
 

メコン・ウォッチというNGOで活動されている方のお話と上映もありました。

ラオスは、50~60年くらい昔の日本のようで、
川や森からとってきた食べ物が日々の食卓になっています。
そこに海外からの開発が入り、ダムを作って魚がとれなくなったり、
公害問題も起きているそうです。
ダムを作り、電気を作り、タイなど近くの国に売る。
ラオスに住んでいる人たちには、
いいことはなにもないどころか、環境を破壊されている。
そういうことをたくさんの人に知ってほしいとホームページから映像も見られます。
メコン・ウォッチ


ラオスのご飯入れ。
日本のおひつと同じで、炊いたもち米を入れて、
手で一口サイズに丸めて食べるそうです。


【2016/12/18 17:43 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>