忍者ブログ
ラオカフェ

ラオス料理を作って食べて、ラオスについて知る、
ラオカフェに参加してきました。

学生団体J&L(Japan and Laos)の皆さん。


左の長いのが、レモングラス。


左から、
生姜、ナス、青唐辛子、ナンプラー、こぶみかんの葉っぱ。


マークケーンという、豆みたいなまん丸いの。
見た目はグリンピースですが、
中に種が入っているので、ピーマンみたいです。
味は苦いです。
手に隠れているのが、ディル。


はじめにスープ、オ・ラームを作ります。
鍋に、レモングラスとこぶみかんの葉を入れて、煮出します。
 
この後、皮をむいたナスと、マークケーンを加えて煮ました。
煮ている間に、鶏肉をグリルで焼いておきます。
大匙1杯の米を水に浸して柔らかくしておきます。

スープを煮出している間に、ラープを作りました。
肉が入ったラオスのサラダです。
鶏ひき肉を炒めて、ナンプラーとレモン汁で味付け。
パクチーをたっぷり加えます。


最後に加えるのが、ラープの素。
炒ったもち米の粉と唐辛子が混ざっています。


今回はパクチーだけでしたが、
もやし、ねぎ、ミントなど加えても良いそうです。


スープに戻って、
なすとマークケーンがやわらかくなったら、
取り出して、たたきつぶします。
レモングラスとこぶみかんの葉も取り出します。
焼いた鶏肉は、小さく切って、スープに入れ、45分くらいじっくり煮ます。


鶏肉から味が良く出たら、
水に浸して置いた米をたたいて加えて、とろみをつけます。

たたいたナスとマークケーンもスープに戻し入れます。
少し煮てから、最後にざく切りにしたディルを加えて温めたら出来上がり。



今度は、パパイヤのサラダ、タム・マーク・フンです。
青パパイヤは、種をとって軽く洗い、皮をむきます。


縦薄切りにします。
 

パパイヤとミニトマトに、
砂糖、ナンプラー、レモン汁、青唐辛子、にんにくのたれを入れて、
よくたたきます。
タムがたたく、マーク・フンがパパイヤです。
きゅうりでも同じように作れるそうです。
 

ナムワーンは作ってくださっていました。
ラオス風ココナツ汁粉で、
タピオカとコーンが入っています。
 

みんな唐辛子が入っているので、辛くてスパイシーです。
ごはんがすすみます。
油もほとんど使わないのでさっぱりしています。


ココナツ汁粉は、辛い口に甘くておいしい~



お料理をいただきながら、
ラオスについてお話を聞きました。
沖縄の泡盛や、納豆など、日本と同じ食べ物があるそうです。
 

メコン・ウォッチというNGOで活動されている方のお話と上映もありました。

ラオスは、50~60年くらい昔の日本のようで、
川や森からとってきた食べ物が日々の食卓になっています。
そこに海外からの開発が入り、ダムを作って魚がとれなくなったり、
公害問題も起きているそうです。
ダムを作り、電気を作り、タイなど近くの国に売る。
ラオスに住んでいる人たちには、
いいことはなにもないどころか、環境を破壊されている。
そういうことをたくさんの人に知ってほしいとホームページから映像も見られます。
メコン・ウォッチ


ラオスのご飯入れ。
日本のおひつと同じで、炊いたもち米を入れて、
手で一口サイズに丸めて食べるそうです。


PR
【2016/12/18 17:43 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
<<年明けの食べもの | ホーム | 食べたものー9月、きゅうり、なす、甘長とうがらしなど>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>