忍者ブログ
  • 2020.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.06
預かり子猫日記 14


アムロのごはん特集。

食道アカラシアのアムロですが、気をつけるのは、ごはんだけです。
食道が太すぎる病気で、
ふつうは靴下みたいに中に食べものが入ったら、
飲み込んで胃に送り込んでいくはずの食道が、
ホースだと思えばいいのです。
水なら流れるけど、固形物や固いペーストだと
張り付いたり詰まったりしてしまいます。
それも横にしていたら流れないので、できるだけ縦で流れるようにします。

といっても、特別な料理をするわけでもなく、
ミルサーを買ったのでとっても簡単。

ミルサーの大きな器に、猫用のレトルトや缶づめごはんを入れます。
子猫用だと3~4パック入ります。これで一日分にしています。
ミルサーにセットしてガーとペーストにします。
ミルサーの器は、ふたがあるので、そのまま冷蔵庫に入れられます。


1回にレトルト1袋では足りなくなってきたので、
カリカリも入れるようになりました。
これはロイヤルカナン子猫用をミルサーで粉砕したもの。
ミルサーの小さいほうの器に、半分以下の量で入れてガーとします。
乾いていないと粉にならないので、
小さいほうで何回分かまとめて作っておきます。


アムロの器にペーストとカリカリ粉を入れて、


お湯でポタージュ状にのばします。
水でもいいのですが、レトルトのゼリー状のところが
お湯のほうが良くとけて、分離しないでとろみになります。


ほかのおとな猫たちは、カナガンのキャットフード。
シャアとセイラ、ガブの分は、子猫用のカリカリにポタージュを少しかけて。


毎日3回こんな感じ。



アムロはおいしくって一気に飲みます。
おとな猫たちは、夏バテらしく食欲がないので、
今、うちで一番食べる量が多いのはアムロかもしれません。


食べた後は、ケージに入ってるおもちゃで遊びます。
ミルサーで細かくしてからは、
とんとんしても、げっぷをしなくなりました。
でもだっこすると、ごろごろのどを鳴らして、うれしそうにしています。
抱っこが一番好きなのも、3匹の中ではアムロかも。






毎回、シートをぐちゃぐちゃにするくらいひとりで楽しく遊びます。
その間に、シャアとセイラの食べ残しや、
食べこぼしのカリカリがないようにしておきます。

こんなにおりこうできれいなアムロ、
かわいがってもらえるお家があるといいなあ。
ミルサーで毎日1分だけガーってしてもらうだけです。
停電でミルサーが使えないと困るので、
猫用のポタージュ缶も常備してもらえると安心です。

PR
【2019/08/14 00:06 】 | 猫、犬 | 有り難いご意見(0)
<<預かり子猫日記 15  | ホーム | きざみうめとおたっしゃ豆ごはん>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>